亜美場制作記 最新版

[2012.02.13 22:25:42]
Visitor 2054
戻る

4月22日 金曜日

雑記

★おひさです。マジ時間ありませんよ。ためしにはてなダイアリーのほうで亜美場制作記をやってみます。


2月20日 日曜日

雑記

GIRLSブラボー second seasonに久川さんが〜。彼方ヒジリという先生役。木曜は集中してますね。いまいち出番が少ない番組が多いですが(^^;。TVのAIRは1クールってのが非常にもったいないですね。1年ぐらい観ときたい……

★ゼロインVOL.3 ドラマCD付きが届きました。エイジ付録の3話とこれのみの1話。どうせなら祁雫が死ぬとこをと思わなくも。

卒業 Next Graduation キャストメッセージ [卒業 Next Graduation]

そういえばゲームはいつごろ出るんでしょ。

CLAMP15周年記念CD&DVD BOX CLAMPAZAR 〜クランパザール〜 [m-serve]

こんだけ曲があって久川さんの歌がないとわ。

5/25 HCD『フルーツバスケット』 [マリン・エンタテインメンント]

花ゆめ付録CDドラマに新録ドラマを追加。キョン復活の模様。


アニメ誌より

アニメディアとアニメージュで女神さまっのコメント。次の8話にちょろっと出ます。

ニュータイプ。CHARACTER VOICE CALENDAR、久川さんは今回が最後とのこと。94年9月のPeopleCalendarからですから10年半もやってたんですねぇ。ちなみに第一声は久しぶりにシリアスキャラ“イリア”でいりや(なんちゃって)。うわぁぁ。何はともあれごくろうさんでした。


2月6日 日曜日

雑記

★この2週間、7時出社の22時退社とかやっててキツキツ。なんもできませんでしたよ(T_T)。で昨日友達の結婚式だったんでついでに劇場AIR観て来ました。

★やっとビィトにキッスが出てきましたね。本格的な参戦はもすこし後の模様。

★どうでもいいけど、WWWCから消し忘れてたG-onらいだーすのページ跡地に反応が。ってなんかカジノサイトに(^^;;

「アベノ橋魔法☆商店街」ドラマCD第2弾、制作決定!! [GAINAX]

すっかり忘れたころに(^^;。ムネムネの出番はあるのかな?

DVD-BOX カードキャプターさくら [animate.tv]

発売日は4/1、6/25、7/22。死ねる。

卒業 Next Graduation 作品発表イベント [卒業]

2005年3月6日(日)16:00〜 東京都千代田区 星陵会館。応募は携帯からで18日まで。このメンバーが集まるなんてすごいよなぁ。

To Heart DVD [ITmedia Games]

1巻のおまけ映像がHeart Fighters 「第1戦 智子VSレミィ」ってことで観てみましたが、智子のつっこみ5秒で終わる話のような(^^;

DVD 天上天下 ULTIMATE FIGHT [ウルトラジャンプ]

3/16に続編のOVAが出る模様。また2/23のDVDはキャラソンPV集など。

TVスポット映像配信 第3弾 [劇場版AIR]

TVスポットは無事録画できました。

TV「ああっ女神さまっ」アフレコ [Web Newtype]

スクルドはよ出て来い。

NAMCO×CAPCOM [Gpara.com]

うわ、ワルキューレが喜久子さん。シャンファは出るのかなぁ。

天上天下 キャラクターコレクション EXTRA BOUT.1&2 [天上天下]

久川さんのインタビューも。これってCCCDなんですよねー。

リリカルなのは パート2 [][MOONPHASE]

イベントで発表された模様。


劇場版AIR

昨日、長崎で友人の結婚式に行ってきました。ウテナの「少女革命」で入場してくるダメ夫婦です(^^;。で、長崎駅横のホテルに泊まったわけですが、せっかくここまで来たのでってことで、朝一のかもめで福岡へ。こんなこともあろうかと前売りを持って来てたのでした。

キャナルシティには9時ごろ着きました。20人ぐらいいたかな。グッズ類は昨日で売り切れてて買えたのはパンフレットだけでした。パンフレットには久川さんのコメントも5行ほどありました。作品のウェイトからすると、も少しスペースを割いてほしいところです。まぁ緑川光も同じくらいなわけですが。川上とも子と西村ちなみで見開き。
最終的には劇場の半分強ぐらい埋まってました。背広でネクタイ締めて劇場中央に陣取ってAIRを観るのはどうなのだ>自分(^^;

で、映画ですが、あれをよくまとめました。好きか嫌いかと問われれば好きといえる。ゲームのややこしいところはすっぱり捨てて、観鈴と晴子と往人に絞った、SUMMER編との関係はぼかしてというか観鈴が救いを求めたおとぎ話としての位置づけにまで落とした感じ。1000年の呪縛とかたぶん関係なし。もう完全に恋に命を懸ける女の子のお話。……それはAIRか?(^^; その辺は微妙ですが、こんくらい思い切らないと映画にならんのだろうなぁ。
観鈴はかなり実際にいそうなぐらいに普通な感じになってました。そしてえらく積極的に。晴子さんは、おまいは朱美さんかいって感じの格好にはやられた……。最期は泣きました。もう髪を切るあたりから泣いてました。いや、往人のモノローグが入った時点であきらめたというか、そっち行くなら準備しときますと。半分ぐらいはゲームの記憶で泣いてた気もします(^^;。あーモノローグいらなかったかも。

出﨑演出は健在。止め絵、光に3回、光るゲロまで(^^;。燃え尽きた国崎でも出れば完璧じゃなかったのか。AIRには、くどすぎた(^^;。それを支えるべき作画はTVスペシャル並みって感じでもっとがんばってほしかったですね。この辺はTV版がすごすぎなのですが、映画ってことで、もすこし。で、僕の目的とするところについてはもう大満足でした。それだけで観に来た価値があったってもんです。晴子さん演る時の久川さんは特にすごいよなぁ。あと、この映画がなんとかみれる出来になってる最大の功労者は観鈴の川上とも子でしょう。TV、ゲームとは違うこの映画のための観鈴を見事に作り上げた。

OP、こっちもばっさり切られてました。映画ぐらいフルコーラスやってくれ(T_T)。あと最後は夏の方がよかったなぁ。秋とかコートとかAIRで見たくない。電車になんかのるなよ往人。つかこの町に電車なんか走るな(^^;。
終わった〜って感じがしなかったのがちょっと。その後の晴子のフォローはしてほしかったのですよ〜。そして往人がちょっとかわいそう。二人にすこしでも救いがほしかった。

と、どうも去年書き忘れてたみたいですが、去年8月の期間限定販売の前売券付DVD「AIR Special Disc」には川上とも子、緑川光、久川綾のインタビュー映像が入ってます。
ブックレット付前売券「AIR clytie」の方は緑川光、川上とも子、西村ちなみの対談が載ってます。久川さんはいません。
TV版の「AIR PRELUDE」にはスタジオ潜入レポとして久川さんも含めた出演者のインタビューが入ってます。


Copyright © 2005 Takehiko Sasakawa.All rights reserved.